自動車エンジンについての基本用語

現在のガソリン燃料のレシプロエンジンは、SOHCと呼ばれるシングルオーバーヘッドカムとDOHCと呼ばれるダブルオーバーベッドカムの2種類が主流です。
SOHCは、基本一つのシリンダーに対して排気弁と吸気弁が一つづつ配置されたエ吸排気弁機構の形式です。
特徴としては、高回転域でのカムタイミングの精度が乱れる傾向があり、排気弁と吸気弁が同時に開いてしまうバルブオーバーラップやバルブサージング、バルブジャンプなどが起きてしまいます。
更に、吸排気の効率化をはかる為にシリンダーに対して可能な限り大きなカムを設計する為に、スパークプラグを理想的な位置に取り付ける事が出来ない機構上の弱点もあり、その為にマルチバルブなどのバリアブルバルブタイミングシステムやツインスパークプラグなどの機構でカバーしています。
現在の車の主流であるDOHCは、基本一つのシリンダーに対して排気弁と吸気弁が二つづつ配置された吸排気弁機構の形式です。特徴としては、ロックアームを用いる事無くバルブタイミングを調整するので、高回転でも安定しており高出力が得やすいとされています。又、クロスフロー式でバルブオーバーラップ状態を長く維持する事で、シリンダーから排出される排気ガスの慣性力を利用してより多くの混合気を送り込む事が出来、吸排気効率が良いとされています。
しかし、エンジン上部が複雑で大きくなるデメリットもあります。

コメントは受け付けていません。