ミッションオイルの役割

車が安全快適に走行する上で、オイルは非常に重要な役割を果たしています。
潤滑や洗浄、冷却などといった役割を果たすことで、人間の意のままに車が走行するのです。
自動車のオイルは、使用される部位によってさまざまな種類があります。
油圧で動作するパワーステアリングに使用される作動油であるパワーステアリングフルード、エンジンの潤滑や密封などの作用をするエンジンオイル、ブレーキペダルを踏んだ圧力をブレーキに伝えるブレーキオイルなど、実に多くのオイルがあります。
そんなオイルの一つであるミッションオイルは、マニュアルトランスミッション、すなわちMTと、オートマチックトランスミッション、つまりATとに使用されています。
性能は、それぞれが異なっています。
MTオイルは、ミッション内のギヤの潤滑が主な任務です。
本来はあまり交換の必要はないと言われていますが、ギヤの入りが不調になる場合がありますので、なるべく定期的な交換が望ましいです。
ATオイル、エンジンからのトルクをトランスミッションに伝える役目を果たしています。
このオイルが劣化してくると、変速時のショックが大きくなります。
こちらは定期的な交換が必須で、目安として2万km~3万kmの基準で交換がすることが好ましいです。

コメントは受け付けていません。