エンジンオイルの役割

数ある自動車の部品のなかでも、定期的に交換する必要があるものがエンジンオイルです。このオイルはエンジンにとって重大な役割を果たしているので、そのため定期的な交換とメンテナンスが必要なのです。車にとってのエンジンは、人間における心臓のようなものであり、オイルは血液に該当します。ですので、エンジンにはオイルがなければ正常に機能できないのです。まず、オイルは「潤滑」の役割を果たしています。エンジンはピストン運動やシャフトなどの、1分間に数百から数千の動きを行う構造を抱えています。金属同士の摩擦による消耗を防ぐために、オイルが使用されています。他にも、「冷却」の役割もオイルは持っています。エンジンは動くことでとても高温な状態になっています。オイルはエンジンを冷却することによって、オーバーヒートしないように正常な機能を保っているのです。オイルはこのような事柄以外にも、洗浄・防錆・密封といった、エンジンが正常に稼働するために欠かせない事柄にたいして活躍しています。ですので、定期的な交換が必要であり、メンテナンスが必要なのです。オイルの状態を良くすることは、エンジンの状態を維持し、自動車のパフォーマンス向上につながります。

コメントは受け付けていません。