カムカバーについて

カムカバーというのは、カムシャフトやバルブを覆っています。これは、エンジンの上の部分にあります。この素材は一般的には樹脂が使用をされています。しかし、近年では軽量化のための色々な材質が使われています。それは、アルミニウムやマグネシウムでつくられたものです。この部分が劣化をすると、さまざまなトラブルが起こります。エンジンからオイルが漏れる場合には、この部分の劣化が原因の大半です。特に走行距離の多い車は注意が必要です。この部分や、オイルシールの劣化が起こりやすいのです。旧式のものは、これが設置をされていませんでした。むきだしのために、潤滑油が滴下した際にトラブルが多く起こっていました。そのために、動弁の部分にカバーが設置されるようになったのです。また、エンジンからの音を抑える役割も果たしています。カバーは、何本かのネジによって留められています。この部分でエンジンオイルが滲み込み漏れている場合には、ガスケットを交換することになります。ガスケットはゴムで出来ています。エンジンの熱などで劣化をするのです。オイル汚れが気になり漏れているときは、交換をすることによって改善されます。交換は自分でも出来ますが、業者に依頼した方が簡単で安心です。

コメントは受け付けていません。