もの作りの視点から車の構造について考えてみよう

gf0110053994l車はいろいろな装置の組み合わせかた成っています。原動機によってタイヤを回転させて走行をします。構造の主なものは、ボディと原動力、そして動力伝達と操舵、制動と運転装置です。骨格には鋼鉄が多く用いられています。原動機はエンジンです。電気モーターを組み合わせたものも増えています。動力の変換機は、運転者が操作するものと、自動に行うものがあります。操舵にはハンドルを用います。前輪の方向をかえて走行をするものが一般的です。これは、前輪操舵式と呼ばれています。制動のシステムは一般的にブレーキの操作で行われます。足で踏むペダル式のものがほとんどです。また、多くのものがペダルの踏む力を軽減させる倍力装置を備えています。運転装置は、ハンドルやブレーキペダルのほかにも、アクセルまたはクラッチペダルなどの総称です。まずエンジンの中で、ガソリンと空気を混ぜて、そこに着火をして爆発を起こします。この際に発生した力を、回転の力にかえるのです。シャフトと呼ばれる軸を使って、タイヤに回転力を伝えることによって動作をするのです。ハンドルをまわすと、アームロッドなどの部品が動きます。これらが、前輪の方向を変えます。ハンドルを回した方向に動きます。ブレーキは、摩擦力で回転を遅くして停止させます。